昇級試験5解説

問題|昇級試験5

解説昇級試験5

正解はBです。

Unit 26-Dの例文です。

「特定の状況」で、〜できたという場合はcouldでなく、was able to や managed toを用いましょう。

正解はBです。

Unit 27-Cの例文です。

現在のありえない「仮定」の話なので、canを過去形にしたcouldを用いましょう。

いわゆる仮定法です。

正解はAです。

Study Guideの問題です(29-Aでmightの解説があります)。

but以降のI don’t thinkと連動をし「〜かもしれない」を意味するmightが正解となります。

正解はCです。

Unit 27-Dの例文です。

「〜できたのにしなかった」という意味になるのは、could have doneでしたね。

正解はBです。

Unit 28-Bの例文です。

「〜したに違いない」と過去を断定する場合は、must have doneで表現が可能でしたね。

正解はCです。

Unit 29-Bの例文です。

過去の否定の推量は、might not + have doneで表現ができましたね。

正解はBです。

Unit 31-Aの例文です。

・疑問文を作る助動詞のdo
・〜をするを意味する本動詞のdo

を両方使った疑問文になります。

正解はCです。

Unit 32-Bの例文です。

「〜する必要はない」は、needn’t doかdon’t need to doで表現できます。

Aはdidn’tと過去時制になっているため、ここでは誤りです。