英語独学|知っていると英語学習がはかどるツールまとめ

Hello, Eight(@producer_eight)です。

今回は英語学習の質や効率を上げてくれるツールについて紹介します。

えいちゃん
この記事は次の方にオススメです!
  • 文法の勉強をどうしようか悩んでいる
  • 最近、ツールについていけていない

ツールに振り回されるのでなく、ツールを使い倒すという観点でご覧いただければ幸いです。自分にあったツールの活用を。

1: おすすめツールのご紹介

EIGHT
今回はこの6ツールの活用法について紹介します。
えいちゃん
一体どんなことができるんですか?
  • DeepL
    1. 日本語から英語への翻訳
    2. 英語から日本語への翻訳
  • Grammarly
    1. スペリングミスのチェック
    2. 文法ミスの修正
    3. 人間による文章チェック(有料)
  • Ludwig
    1. 単語から信頼できる英文を検索
    2. 例文の頻度検索
    3. パラフレーズ検索
  • Anki(ちょっと難易度高いです)
    1. Web上でフラッシュカード作成
    2. 音声の再生も可能
  • DMM英会話 なんてuKnow?
    1. 日本語で気になるフレーズを検索
    2. 日本語で聞きたい質問を投稿(DMM英会話会員登録必要)
  • Yarn
    1. 単語やフレーズが使われている海外ドラマ検索
    2. 頻出表現の確認

2: ツールの欠点と対応策

2-1: ツールの欠点

  1. DeepL
    • まだ熟語やイディオムには完璧に対応できていない
    • 会話などで文法が崩れている際は正確に翻訳できない
  2. Grammarly
    • 意味上は不自然でも、単語や文法があっていれば指摘されない
    • 依存すると自分のライティングやスピーキングに自信がなくなる
  3. Ludwig
    • 無料だと利用回数に制限がある
    • 話し言葉より書き言葉が多め
  4. Anki
    • 慣れるまでは活用が難しい
    • カスタマイズしないと見た目が地味
    • iOSのアプリだと有料
  5. DMM英会話 なんてuKnow?
    • 時々質の低い回答も混じっている
    • 会員登録しないと使えない機能がある
  6. Yarn
    • 全てのドラマ音源があるわけでは無い
EIGHT
欠点とは書きましたが、それぞれの特徴を理解して使えば、とっても優れた補助ツールとなります。ぜひ使いこなしていってあげて下さい。

2-2: 欠点を補う対応策

こちらは純粋にツールを組み合わせてあげると良いかなと思います。おすすめは次の3つ。

  1. 瞬間英作文+音声
    • DeepL(日英)→ Ludwig → Grammarly → DeepL(和英)→ Yarn
  2. 表現の洗練
    • DeepL(日英)→ Ludwig → DeepL(和英)→ なんてuKnow?
  3. 表現の暗記
    • Ludwig → Yarn → Anki
EIGHT
ポイントは1ツールで足りない機能を別の機能で補うこと。中でもDeepLとLudwigを上手く活用できるようになると、とっても強いです。

3: ツール活用の注意点

  • ツールは便利ですが、英語の基礎力(特に文法と構文を把握する能力)は必須です。
  • より効率的にツールを活用するためには、自力を高めることをお忘れなきように。
  • 全てのツールが自分の目的に合致するとは限りません。自分の目的が何かを認識しましょう。
  • 全てのツールには弱点もあります。複数ツールを組み合わせて欠点を克服したり、自分の実力を高めてツールに振り回されないようにしましょう。
  • 基本的に私も普段利用しているものですが、ご利用は自己責任にてお願いします。
EIGHT
ツールを活用するためには、英語の基礎力をつけることが大切です。以下の学習法もご参考までに共有いたします。

大人の英会話|初心者から「話せるTOEIC900」になるための勉強法